ドイツ@■■■■ 掲載は登録順
アーヘン大聖堂(世界遺産スクエア)
アーヘン大聖堂
Aachen cathedral
カロリング・ルネサンスを代表する建築。起源は800年に「ローマ皇帝」として戴冠したカール大帝が建立した礼拝堂で、その後増改築が繰り返された。神聖ローマ帝国の歴代皇帝の戴冠式が催された。
◆78年登録。写真は、大聖堂。 希少度B
ブリュールのアウグストゥスブルク城(世界遺産スクエア)
ブリュールのアウグストゥスブルク城と別邸ファルケンルスト
Castles of Augustusburg and Falkenlust at Bruhl
ドイツ・ロココの華麗な宮殿。18世紀、ケルン大司教のアウグストが40年かけて完成させた。当時を代表する芸術家たちが手がけた豪華な宮殿階段室が圧巻。2km離れた場所に別邸がある。
◆84年登録。写真は、アウグストゥブルク城。 希少度B
ヒルデスハイムの聖マリア大聖堂と聖ミカエル教会(世界遺産スクエア)
ヒルデスハイムの聖マリア大聖堂と聖ミカエル教会
St.Mary's cathedral and St.Michael's church at Hildesheim
ドイツを代表するロマネスク建築。11世紀、司教のベルンヴァルトが大聖堂を改築、教会を設計した。第2次大戦で破壊され、戦後に復興した。大聖堂の「1000歳のバラの木」は、廃墟でも花を咲かせた。
◆85年登録。写真は、聖ミカエル教会。 希少度A
トリーアのローマ遺跡群(世界遺産スクエア)
トリーアのローマ遺跡群、聖ペテロ大聖堂及び聖母マリア教会
Roman monuments, cathedral of St.Peter and church of Our Lady in Trier
古代ローマの一大植民都市の遺構。BC15年にアウグストゥス帝が建設、4世紀にコンスタンティヌス帝が完成させた。市門や浴場、円形闘技場などお跡が残る。大聖堂と教会は11〜12世紀に建てられた。
◆86年登録。写真は、ローマ時代の市門、ポルタ・ニグラ。 希少度B
ポツダムとベルリンの宮殿群と公園群(世界遺産スクエア)
ポツダムとベルリンの宮殿群と公園群
Palaces and parks of Potsdam and Berlin
プロイセンの栄華を伝えるサン・スーシなどの宮殿と庭園。500kuの敷地に150の建物がある。サン・スーシはフリードリヒ大王が建てたロココの傑作。ツェツィーリエンホフ宮殿はポツダム会議の場となった。
◆90,92,99年登録。写真は、サン・スーシ宮殿。 希少度―